妊婦をサポートする食事|なかなか妊娠しない方は鍼灸院で不妊治療を受けてみよう

妊婦とお腹の胎児をきちんとした食事でサポート!

リラックスが大事

妊娠はストレスか環境によって確率が変動します。妊娠しないからといって焦ってしまうと、かえって逆効果になってしまうのです。そのため妊娠しづらくても肩の力を抜き、リラックスすることが重要なのです。

妊婦をサポートする食事

食事

母体の健康が一番

妊娠した場合、母体である妊婦の健康が重要になってきます。母親の摂取した栄養がお腹の胎児に行き渡りますので、きちんとした食事を取る必要があるのです。

胎児の成長に良い成分

お腹の胎児の成長をサポートする栄養素を事前に調べておくといいでしょう。カルシウムや植物性タンパク質は胎児の血や肉を作ります。食事だけで不十分と感じる場合には、妊婦に適したサプリメントを活用するといいですよ。

サプリメントの使用

妊婦に効果のあるサプリメントを利用する場合は、産婦人科の先生に一度相談してから利用しましょう。使用上に問題がないか、摂取する量が適切かどうかなどの判断をしてもらうことで安心して利用することが出来るのです。

食事は三食しっかりと

朝昼晩の三食食事を摂ることは、健康バランスを保つ上でとても大事なことです。胎児への栄養補給も定期的に行われるほうが、安定した成長に繋がりますし健康な胎児を育てることが出来ます。

妊婦の食事で気をつけたほうがいい食べ物ランキング

no.1

1位【生もの】

妊婦の食事で気をつけたほうがいい食べ物ランキング1位になった食べ物は「生もの」です。熱処理がされていない食べ物は、寄生虫や細菌が付いている可能性があるため1位に選ばれています。しっかりと加熱を行なえば問題ないので熱処理は慎重に行ないましょう。

no.2

2位【昆布】

昆布などの海藻類は胎児にとって重要な栄養源が含まれているのですが、「ヨウ素」と呼ばれる成分の摂りすぎによって甲状腺の機能障害を招く可能性もあるので気をつけたほうがいい食べ物ランキング2位になっています。

no.3

3位【ひじき】

妊婦の食事で気をつけたほうがランキング3位となった「ひじき」も昆布同様に摂りすぎ注意の食材です。無機ヒ素がお腹の胎児に悪影響を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。大量摂取を避ければ栄養満点の食材なので適量を医師に確認しておくといいですね。

no.4

4位【レバー】

ランキング4位は意外にも「レバー」となっています。貧血の多い女性からは人気のある食べ物ですが、レバーにはビタミンAが大量に含まれているので、過剰摂取によって奇形のリスクを高めてしまう可能性があるのです。

no.5

5位【ナチュラルチーズ】

1位に選ばれた生もの同様にランキング5位のナチュラルチーズも気をつけたほうがいい食べ物となっています。熱処理のされていないナチュラルチーズはリステリア菌が繁殖している可能性があり、妊婦が感染すると胎児にも移ってしまう場合があるので注意すべき食べ物となっています。

広告募集中